« 脅迫状 | トップページ | リハビリ »

親としての自覚

親の中には、
自分で産んだにも関わらず
虐待したり、無関心だったりする人がいる

子供が嫌いなのか、単に無知なのか
なぜ産んだんだ?なぜ生ませたのだ?

私にはその気持ちが分からない

産むのなら、それなりの覚悟をして欲しい
子供は親の所有物ではない
言うことを聞かないからといって、力ずくでどうにかなるものではない
産んでしまえば何とかなる、で済まされる問題でもない
命をそんなに軽く扱わないで

そんなこと分かりきったことだろうに


産みたくないならいくらでも回避する方法はある
育て守る事が出来ないなら産む資格はない

産みたくても産めない人がいる
育てたくても育てられない人もいる
そんな人達からみたら、なんて身勝手な行動だろう


そんなことも分からないなら人間失格でしょう?

いつもアンテナを張っていたい
助けを求めているわが子の思いにいつでも答えられるように


自分の存在を否定された子供が
いったいどうやって生きる希望を見出せばいいのか


たとえば、怒りに任せて罵倒したとしても
その言葉に愛情があれば、子供だって肌でそれを感じるはず

頼ってくる子供の気持ちに気づいてあげなければ
どこへ助けを求めに行けばいい?


親だって子供に教わることがある
忍耐、寛容、無償の愛

時には正義

ちゃんと話を聞いてあげよう
子供には子供の言い分がある

自分の楽しみを優先させる前に子供を見て!
面と向かって話したいのに、視線をはずされたら
見捨てられたような気持ちになる
命令ではなく、相談に乗って欲しいのだから


親として
頼ってくる子供を守り育てることは何より重要
甘やかすのではなく、迫害するのではなく

一人の人間として成長してもらう為に
まずは親が恥ずかしくない生き方をすること

それが親としての責任ではないのだろうか


.......と日々 子供に教えられている私

|

« 脅迫状 | トップページ | リハビリ »

」カテゴリの記事

コメント

頭の中が、CHIKAさんとシンクロしたのかと思いました。

投稿: Harydeel | 2006.09.12 10:37

飲酒運転と同じく最近やけに多いなぁって思う事件です

親が子供を殺したり子供が親を殺したり

っていいつつも、自分はすぐに子供に暴力をふるっちゃう
力で押さえ付けちゃうってやつです
手をあげたあと色々考えたり悩んだりするけど、その時はカーッとなってて止められません

そこに愛はあったのか?
子供の気持ちになって考えたことはあるのか?
怒りながらも冷静な自分も居て、でも止められない自分も居て嫌になることがたくさんあります


力で押さえ付けても何も解決はしない
ただ怯えて何も言えない子供になっちゃうだけ
それが爆発して親を刺したりしちゃうんだよね
ニュースで何十カ所も刺したなんて聞くと信じられない!なんて思いながらも色々と吐き出せなかったんだろうなぁ~なんて思います

投稿: ひでき | 2006.09.12 12:37

Harydeelさん>
はりさんにシンクロしてもらえて光栄♪^^

子を持つ親としてはあまりにも凄惨な事件が多すぎて、
何から考え始めればいいのか正直わかりません。
私の考えが古いのかも知れないけど、
誰かが声に出して言わなくちゃいけない事なんだと
いつも頭の中をグルグルします。
でも、どこから始めればよいのか...

で、まずは身内から。ですね^^;

投稿: CHIKA | 2006.09.12 21:51

ひできさん>
私も口より先に手が出る人です。^^;
以前は頭ごなしに叱りつけて
「~しなさい」だったのですが、
「命令されるたびに自分自身が奴隷になったような気分になるんだ」
と言われて反省しました。

最近は取り敢えず意見を聞いて
理不尽なことは議論、棚上げされたごまかしは徹底言及、
最後に手があがることもたまに(-_-;)

但し、怒りにまかせて感情を爆発させたときは
寝る前に必ずベッドでしばらく手を繋いでたりします。
で、最後にごめんなさい、とちゃんと謝ります。

私が知ってるひできさんご家族はインラインで
ご一緒したときのほんの一瞬の顔にすぎないでしょうが、
楽しそうに笑っている子供達から
ご両親を慕っていると充分に感じましたよ^^

「愛」があるからこそ怒りを表すこともあるじゃないですか。
叱った後でちゃんとフォローすればいいんじゃないのかなぁ、と思います。

投稿: CHIKA | 2006.09.12 22:09

ウチもなにげにDINKSですが、米国では産まれた赤ちゃんを警察署や病院の前に置き去りにすることが合法だそうな・・・

「親になりきれない産みの親が、無理に育てて虐待に至るよりは良い」と言うことだそうです。

う~む・・・

日本人的には「それなりゃ作らなきゃいいじゃん」と思いますが、海外では事情がちょっと違うようです。


以前('84)行った比国では、「貧しくて他に楽しみがない」「避妊具など手に入らない」「宗教的に堕胎できない」


産まれた子供は悲惨です。


狭い家の中にたくさんの子供がいるから、夜中にトイレにも行けない。

枕元に器を置くんだそうです。


幼いころから自ら生きることを課され、上手くいけば金持ちの現地人や日本人に雇われる。


上手くいってそう言うところに"就職"するも、"枕元の器の呪縛"からは逃れられない。


おっと・・・

スレの本題から外れてしまいました・・・

ご容赦を・・・ m(_ _)m

投稿: ENTARO | 2006.09.12 22:24

子供の手前、頑張らざるおえなかったりして、日々鍛えられております(笑)

しかし
CHIKAさん
気合い入ってるなー(笑)

うちなんか
とうちゃんもつらいんだぞ~って
ハッキリ言っちゃうけどね(爆)

生きてくって
大変だから
大きくなったら
助けてよってさ^^;

投稿: ゆきち | 2006.09.13 08:42

ENTAROさん>
確かに国によってさまざまだよねー
それでも宗教と命とどっちが大切なんだよー!と言いたくなるけど^^;

でもさぁ、恵まれた環境なのにそれに甘えすぎてる人たちもいるじゃない?
いい加減な人が上手く立ち回って罪を逃れ、
まじめにやってる人がそのせいで被害を被り泣き寝入り、とか。
一生懸命頑張ってる人が哀れな気がする

昔の古き良き、人への思いみたいなものが欠落して
自分さえ良ければいいという「我」ばかり押し通してることに気がつかない人、多いと思うのだ。

でも、これは私への戒めでもある(--;

投稿: CHIKA | 2006.09.13 12:02

ゆきっちゃん>
>気合
あははは、まだあいつには教えなきゃいかん事が山ほどあるからねー

そう簡単には泣かないよ~^^;

私の場合、若い頃は無知のせいで知らない間に
かなり親に負担をかけていたのよね。
親になった今、その分頑張らないとね。
ゆきっちゃんみたいに言っちゃったほうが
子供も生きていくことに向き合えるのかも。
私も子供の頃知ってたらやらなかっただろう事がいろいろあるから。

投稿: CHIKA | 2006.09.13 13:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脅迫状 | トップページ | リハビリ »