« 【緊急・重要】スケート好きな皆様へ | トップページ | ダンス撮影 »

長良川カップの件で

こちらに長良川カップの費用に関することが
書かれています
NIKEさんのブログの記事

また運営に関しての記事はこちら
NIKEさんのブログその2


県外から参加している私の場合、
いろいろなカテゴリーを見ることが出来て楽しいから、
スケーター同士の交流ができる、
せっかくの大会をいつまでも続けて欲しいから
というのが大きな理由です

でも、元になっている日記のコメントに
大変気になる文章を見つけ、
ご本人の了解を得てここに転載させて貰います

インラインスケートを存続させたいという思いと
岐阜に生活している人達の思いは
もしかしたらかなり隔たりがあるのではないのかしら、



ただ「やりたい」という気持ちを伝えるのではなく
解決策も模索してメッセージを送るべきではないかと
思うのです


--以下引用------------------------------

同じローラーを愛する者として、最大限の協力をしたいのは
やまやまですが、
他のスポーツではありますが、
イベントをオーガナイズしてきた経験者として、
以下の詳細情報無しにはコメントのしようがありません。

>岐阜市の税金から
>ものすごい金額の補助金を出していただいているおかげで
>成り立ってきたこのイベント

いったい、おいくらの予算をかけてきたのですか?
その「お祭り」要素の部分に。

そしてそのお金の使われ方には不正は無かったと
断言できるだけの証拠がありますか?

これを正確に開示していただかなければ
単にローラーが好きな人間のワガママを叫ぶだけの、
アンフェアな意見を書いてしまうかもしれません。

私自身、岐阜県は6年を過ごした故郷のひとつです。
インライン存続も大切ですが、
岐阜県といえば、この問題↓
岐阜県不正資金問題
を抜きに、今後の公費の使途を語ることはいかがなものかと。
他県の他人の趣味を満足させるための補助金を
岐阜県民の皆様にご負担いただくのですから、
数十万の話をしているのか数千万の話をしているのか、
その認識もない状態で存続運動に参加することはできません。
それほど大きな予算でないならば、
イベント参加者で出資しあい、スポンサーを探せば済むこと。
大規模予算、あるいは低予算であっても、
不正に使われてきた経緯があるならば、
岐阜県民の皆様に申し訳なくて、
とても何かをお願いすることなどできません。

経費について具体的な情報の提供をお願いいたします。

そうしたことへの視点なしに、
単に、お祭りが無くなって欲しくないという皆の意見を
とりまとめて「大きな力」として使われることには
個人的には疑問を感じます。
ローラー愛好者=自分の都合しか考えない集団
のようなイメージをもたれないように
配慮していただければ幸いです。

>イベント的要素・お祭り的要素がなかったら
>誰がわざわざ岐阜まで来ますか?

私は、どんなに楽しいお祭り的要素が有っても、
地元に対して、お金にしろなんにしろ、
多大な迷惑をかけているという事実があると知っているなら
それこそわざわざ岐阜にはいかない、
というタイプの人間です。
問題は迷惑の程度だと考えています。

県政と市政は無関係かもしれません。
不正資金プールと長良川カップの予算も
別次元のことかもしれません。
しかし、
税金を自分達の暮らしの為に正しく無駄なく還元して欲しい、
という納税者の気持ちの問題として、
存続へのネガティブな意見・感情の源に、
不正資金問題が影を落としているだろう、と思い、
リンクさせた書き方をさせていただきました。

もしもこのお話が、

「お祭り要素の予算を参加者で自主的に負担するならば
 今年も長良川カップでお祭り要素を運営してもよい、
 との回答を得ました。あと○○万円足りません。
 去年の参加人数ベースで換算して、皆様におひとり○円づつ
 ご負担いただければ、なんとか開催可能な見通しです。
 カンパにご協力を!スポンサー探しにご協力を!」

という様な内容であれば、
誰に迷惑をかける話でもないので、
微力ながらでも、喜んで協力させていただきます。

--引用終了---------------------------

皆さんはどう考えますか?

私個人の考えは長良川カップを今のお祭りのまま
存続して欲しい
その理由はわたしらのような「なんちゃってレーサー」が
参加できる大会だと裾野の拡大に貢献できること
ガチンコな方々ばかりのレースでは
どう逆立ちしたって参加できません^^;
ついでに大好きなダンスが見られれば尚良し、
なんです

ただ参加するとき、ある理由から
高いと分かっていても旅館に前泊しています
それは
旅館に泊まる=利益確保=岐阜の繁栄=大会存続
という図式を勝手に想い描いているからです
ほんの微々たるものではあっても協力したいから

市に負担を掛けず、市民に歓迎される大会を
どうしたら作れるのか....
難しい課題です

人にはそれぞれいろいろな考え方があり、
それぞれにいろいろな事情を抱えている
それを考えた上で方法を模索できればいいな、
と思います

私たちは大会に参加する時に
どれだけ運営側の気持ちを理解してきただろう?
地域の人達に迷惑を掛けないように
協力していただろうか?

まあ、いいか^^;と思わなかったか?

ちゃんと考えて行動しないと
誤解が誤解を呼び
長く続けることは出来ないんだと思いました

初めの呼びかけに対し水を差すようですが
偏った情報のままではいけないと思い、
敢えてこの話題に触れることにしました

|

« 【緊急・重要】スケート好きな皆様へ | トップページ | ダンス撮影 »

インライン」カテゴリの記事

コメント

インラインにそれ程の傾倒もしていない人間ですが
引用されていた内容について、大筋納得せざるを得ない
と思いこちらにコメントさせて頂きます。

公金は憲法の"公共の福祉"を主目的として集められている物

端的に申し上げれば、公的な"助成金"とは
その活動そのものへのサポートが主となることは
紛れも無い事では有りますが、それを拠出する意図は
拠出した額に見合う利益を見込む
・・・CHIKAさんの仰る経済効果をも含めてだと言う事も
また事実です。投資ですよね。


不正資金による問題によって県の人々が
ナーバスになる中、信用が失われた公僕の今迄の行動や
実績は、善し悪しに関わらず一度は精算せざるを得ない
状況になるのはどこの自治体でも必然の流れだと思います。
(内部浄化では無く、外部監視が厳しくなると言う意で)
多分、この事だけではなく、かの北の自治体の
破綻もそれに輪をかけさせているのかもしれませんね。

特に"投資"を行っている内容に特定の活動を目的
=広く一般を対象としていない催し等が有れば
且つ、数値上その投資に見合う回収(効果)が薄弱、又は
出すだけの足が出る様な項目については真っ先に
目を付けられてしまう・・・。

自分は件の存続の可否について言及は避けますが
現実はこの催しだけでは無く、自治体をも越えて
他の地域の全く関連の無い一人一人にも影響を与える
内容だと思います。

国の借金や各自治体ギリギリの状態
今迄の"夢"をムリに現実にしようとやって来たツケが
まわり始めている。

でも、各個人が常に意識することは公人一般問わず難しい。

だから、有るものと思い込んでインラインに限らず
色んな特定の活動を営む人間がそこに依存し、
使うだけで還元する仕組みに至らずさらにツケを増やす。
もしこれらが原因で財政が逼迫したら要らぬ忍耐を強いられるのはその土地の人。

さらに破綻すれば我々も無傷では済まない。

大袈裟に聞こえますが、環境問題と同じく
デッドラインは近くなっています。


第3セクターに勤務し、神奈川県の財政状況によって
解散まで時間が少ない親父から内情を聞いた一部から。


長文すみません。

投稿: mono | 2007.02.11 02:12

情報ありがとうございます
難しいところですね
確かに予算=税金ですよね

岐阜市民の負担と言うものを
じっくり考える必要ありますね

お互いにとっていい解決策
妥協策を考えながら
進んで行かなくてはいけないですね

投稿: おかぺんぎん | 2007.02.11 10:12

monoさん>
難しい話題を書いてしまい、
自分で収拾が付かなくなってお返事が遅れました。
分かりやすく書いてくれてありがとう^^
何度も読んでようやく少し、
自分の考えをまとめられそうです。
でも、実際問題として経済効果をどれほど挙げられるか、
どれだけ市民の皆さんに納得行く運営が出来るかは
参加する人たち一人一人のモラルにかかっているんですよね。
でも、アクションを起こさなければそこでお終い、
となることも必然だし、なんか考えないと....
いい方法ないもんですかねぇ(-_-;

投稿: CHIKA | 2007.02.14 14:17

おかぺんぎんさん>
今回問題提議してくれた方と話してみて
ひとつの打開策として使えそうなのは
やはりみんながどれだけ岐阜に
経済効果をもたらすことが出来るか、なんだと思うんです。
地場産業が観光メインなんだから
やっぱり宿泊や食事をしたり、お土産を買うことで
各自が出来るだけ地元に還元することが
アピールに繋がるんじゃないか、と。
あと、もうひとつ引っかかっているのは
マナーの問題。
スケーターがゴミを拾って歩くとか、
草むしりをするとか、っていうアピールをしたら
長良川への愛情を示す事にならないかなぁ。
環境への配慮と経済への協力、
みんなで力をあわせたら
なんとか実現できるんじゃないかと思うんだけど、
参加者の自覚が問題なのよねー

投稿: CHIKA | 2007.02.14 14:26

たとえば、岐阜への意見書や嘆願書に
自分らが岐阜に行ってどれくらいのお金を
使ったとか、 こんな活動をしたとか、
帰ってからweb等で岐阜のいいところを
アピールしたとか、書いたらどうかしら?
また、
スケーターがゴミを拾って歩くとか、
草むしりをするとかっていうアピールをしたら
長良川への愛情を示す事にならないかなぁ。
 
環境への配慮と経済への協力、
みんなで力をあわせたら
なんとか実現できるんじゃないかと思うんだけど
それじゃ足りないかしら。
 
なんにせよ、
参加する人たちが「お客様」でいる限り
明るい未来は無いような気がする。
手が空いたら遊んでないでスタッフに回るとか、
設営や片づけを手伝うとか、
「運営協力者」としての自覚を持たなければ
いけないんじゃあないのかなぁ。

投稿: CHIKA | 2007.02.14 15:37

忘れちゃいけないのに忘れていたことがあった。
存続を望むだけではなく、
このマイナーなスポーツに対して
どれだけ岐阜市が開催のために協力してくれたか
そのことについてきちんと感謝し、
賞賛する事も必要だよね。
抗議するのではなく、礼を尽くして話し合わなければ
いい方向へは進まないと思うから。
 
インラインのイベントを開催することで
少しでも町おこしに役立つように
力になれたらいいのだけどね。

投稿: CHIKA | 2007.02.14 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【緊急・重要】スケート好きな皆様へ | トップページ | ダンス撮影 »