« 光が丘フェスのリハーサル | トップページ | 10月定例CR »

イベントのあり方について考えること

参加型のイベントの場合、
子供が参加すればそこに親がついて行くことになるし、
親が参加したければ子供も連れて行くわけで
別のイベントが被るとそちらを手伝える人は
家族単位で減るわけですよ

でも、参加したくて始めたはずの
インラインを我慢してまで
スタッフで忙殺されるのを
私は避けたいと思っています

例えば、競技会や計測会をやったら
最後はスタッフも計測出来るように
参加者が計測後にちょっとだけ
手伝ってくれたらいいな、と思うし

真剣に運営してイベントを確立せよ
と思う人もいるかもしれないけど、
私はみんなで楽しみたいという気持ちが強い

参加もひとつの協力だけど、
いつも運営してる人に感謝の気持ちを持ってくれたら
もっと裾野が広がるんじゃないかな

秋になるとあちこちでイベントが多くなり
行きたいと思っても行かれないイベントがいっぱい

とてもスポーツしやすい季節なのだけど、
スタッフ足りませぬ(T-T)

参加しないからこそ手伝える事もあり
裏方ならではの楽しさもあるんだけどなぁ

いつでも

イベントスタッフ募集中!

|

« 光が丘フェスのリハーサル | トップページ | 10月定例CR »

インライン」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

横浜はイベントが多くてうらやましいですね。

みんなで楽しみたいっていうのは僕も分かりますよ。
やっぱり趣味としてやっていてその延長で大会があるなら
スタッフだって参加したいですもんね。
一般の参加者とまったく同じでないにせよ、
最後にちょこっとやらせてもらえるなら
お互い様ってことでがんばれるだろうし。

投稿: じゃっきー(またの名をざっきー) | 2008.10.07 15:44

じゃっきーさん>
分かってくれて^^ありがとう♪

みんなの努力や活動のお陰で
イベントが本当に増えました。
ぜひ気軽に遊びに来て下さいね!

みんなで作ってみんなで参加出来るって言うのが
私の理想なのです♪

例えばゴミ拾いや初心者講習のお手伝いなら
だれでも協力出来るサポートだし、
スラローマーがレースのスタッフ、
スピード系スケーターがスラロームのスタッフとかね。
協力し合えたらいいのになって思う。

投稿: CHIKA | 2008.10.07 22:23

規模や参加人数が増えて楽しくなれば
なるほど考えなければならないことが
増えていきますね。
いつも気持ちよく参加させてもらってばかりなので
そろそろ私もこういうこと考えるべきかな~。

投稿: アンナ | 2008.10.07 22:44

一般の参加者の人たちも、
当たり前に大会があるのではなくて、
大会を作ってくれるスタッフがいて、
それに協力する参加者がいてこそ大会が成り立つっていうことをきちんと理解していけば
みんなが楽しく永く続けていけるんでしょうね。

投稿: じゃっきー | 2008.10.08 13:35

アンナちゃん>
大阪で講習会とか開いてがんばっているじゃないですか♪
ローカルのそういう地道な活動が
いつか発展する基礎になるんですもの。
これからも仲間を増やしてがんばってね!


じゃっきーさん>
(゚∇゚*)(。。*)ウンウン
やっぱ、楽しくなくちゃね^^

いろんな考え方があるだろうけど、
私は
参加する人の事も運営する人のことも考えながら
楽しく切磋琢磨できる方法を考えていきたいし、
後進を育成すべきだと思う~♪

投稿: CHIKA | 2008.10.08 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光が丘フェスのリハーサル | トップページ | 10月定例CR »