« 気遣いの小物 | トップページ | 退院しました »

医者の育成

今回の入院で考えさせられた事

医師や救命士になるためには
絶対に研修として臨床経験が必要になる
受け入れている病院は多いが
特に大学の附属病院は様々な人を
臨床に立ち会わせている
学生の見学、研修医の実践的経験、
救急救命士に法律上必要な現場疑似体験
きっと他にもいろいろ理由はあるはず


今回はいろんなことを考え
万が一のときでも家族が混乱せぬよう
隠し遺言やら周りへの協力依頼やらを準備した

病気自体はまだすぐに死ぬほど
切羽詰まったとは感じていなかったが
医療機関に若い医師や多くの出入りがあることから
ミスによる死亡はありうると思っていた
特に全身麻酔は怖いもんだと思ってるので

まー実際執刀ミスによる膀胱の修理も
必要になったわけだしね^^;


なにもなかったから笑っていられるが
医療に携わる人たちは本当に大変だ
私たちが仕事でミスしたって命までは取られないが
彼らは人の命を預かっているのだから


もし自分の子が医師になると言ったら
看護士になると言ったら
ほめてやることが出来るだろうか...
もっと楽な仕事は山ほどあるのに

でも、なりたいと言ったら協力してやりたいと思う

だから私は入院するときに
同席させてくれ、手術に立ち会わせてくれ、
体験させてくれ、という申し出を断れない
社会全体で育てるものだと思うから


それでも毎回
もう帰ってこられないかもしれないと思うんだよね^^;


*-*-*-*-*


そして今回、未だに不明な医療的疑問がある
手術直後から今に至るまで
ずっと続いてるお尻の痛みとしびれ
一時期はパンパンに腫れて
左右の形がはっきりわかるくらい違っていた

歩いていてもそれを感じ、
お尻にある固いしこりのようなものが
座ろうとすると小石のように感じて
痛くて座れない
未だにしこりは熱を持ち、触ると熱い

まるで尖った角にお尻をしたたかぶつけて
内出血したかのようだ

実際、数日前から太ももに血腫のようなものができた
医師に確認しても「わからない」だけ
処方箋もレントゲンもない

私は術後ベッドへの移動時に
何かあったと思っているが確証はない

本当に元通りになるのか?

|

« 気遣いの小物 | トップページ | 退院しました »

学問・資格」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

怪我・病気」カテゴリの記事

コメント

御意
でも、帰りましょう!

投稿: Hii | 2009.12.04 19:33

やっぱり修理・・・でしたか。。。

投稿: はっしー | 2009.12.05 00:39

前にちょっとだけ、医療事故に携わるパートをしてて、こんなに事故って多いのか~って、思いましたよ。怖いです。医療側も患者側も・・。
CHIKAさんが無事に終わって良かったです。若者の育成にまで気持ちが及ぶのは、さすがだなぁ、と思いました。

投稿: Fantometee | 2009.12.05 08:47

Hiiさん>
ただいまです^^
今回も無事に帰還しました♪
看護士さんに迷惑かけないよい子でしたよ(笑


はの字>
だって治療じゃないんだもん、
壊しちゃったんだから修理だんべさ( ̄・・ ̄)=3


Fantometeeさん>
医療って改めて考えるとけっこう重いかもね。
感謝だけじゃ成り立たないから。
何度も入院してると患者の中にもひどいヤツがいてさ。
禁止されたことを堂々としてるくせに
看護や医療のせいにして文句を言う。
聞いてるこっちが腹立ってきて
殴ってやりたいと思うよ。
それをにこにこ笑いながら
「辛いよねー、ごめんなさいね」
っていう看護士に心底感服した。
まー、逆にひどい看護士もいるんだけど。
世話になる立場としては、いろいろ考えちゃうんだよね^^;

投稿: CHIKA | 2009.12.06 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気遣いの小物 | トップページ | 退院しました »