« 卒業を祝う会 | トップページ | 3/13 本牧 »

中学卒業に思う

【1年生】
クラスの目当て「絆を深め一致団結」

6月

もともと要領の悪い君は
時間を有効に使えないと夜中に大声で泣いた

そして、夜は早く寝て午前3時に起きて
宿題をする生活が始まった
その状態は長くは続かず試行錯誤を繰り返し
不眠、運動不足、友人との軋轢、
ついていけない勉強へのジレンマ、
容量不足な心、遊びたい欲望、etc.

小学校の6年間で
たった1日しか休まなかったのに
不器用な君は
体も心も疲れてだいぶ学校を休んだ

クラスの絆を深めるために
BBSを立ち上げたのは1月
その輪に一番入りたかったのは君
立ち上げた責任は果たしたが
そのせいで君はみんなから
1歩距離を置かざるを得なかったはず
それでも満足できたのだろうか?

BBSを閉じる日
今まで以上に活発なコメントが交わされ
閉じるその瞬間まで絆を感じることが出来た
みんなからの感謝の言葉に
君は確かに感動していたよね


【2年生】
クラスの目当て「We can fly!(飛翔)」

理由はいろいろあったけど
欠席が目立つようになってきた
提出課題がなかなか出せなくて
成績が思うように伸びなかった
クラスメイトから誤解されうわさ話が広まって
いじめの対象となり不登校ぎりぎりでの生活
学校をやめようか、と話し合ったこともあったね

友人の裏切りや心ない中傷に
かなりダメージを受けて心を閉ざし始めていた

インラインスケートだけはやめたくないと
必死に踏ん張ったのは褒めてあげよう
そのせいで
周りの人には迷惑かけてしまったけど
(皆さん、ごめんなさい)
乗り越えられたことはこれからの自信になるはずだ

3月になり
『理解してくれる大切な友人ができたから
もういじめには負けない』と
少しだけ成長した顔をして言った君

君は飛ぶ事ができたのだろうか?



【3年生】
クラスの目当て「Never give up!
どんな困難にも立ち向かう」

受験が現実味を帯びて
心を許せる友達と過ごす時間が減り
精神的には弱っていた時期

何かいやなことがあっても
じっと耐えてしまうその性格が災いして
いいように言葉の暴力を受けていた

相手の胸ぐら掴んで殴ってこいや、と言った私に
「無理」って答えたけど
将来守るべきものができたときに
立ち向かえないようじゃ困るのさ

11月
受験が目の前に迫った時期に
入院しちゃってごめん
でも、
自立に向けて
いい経験になったんじゃないだろうか^^;

入試直前に入った塾
出会った先生のおかげで君は変わった

2月
自信に満ちた表情で受験に向かうことができたよね


*-*-*-*-*

君の言動・行動に
嫌われる要素があったのかもしれないが
残念ながら私には
それがなんなのかわからなかった
私から見た君は
とても興味深い面白い存在だったから

最後まで「学校に行きたい」と言った君は
心が強いと思うよ

正直なところ、
私は中学の先生にもクラスメイトにも
なんの感慨も愛情も感じない
二度と会いたくもない

会って殴りたいヤツは数名いるけど...^^;



この3年間君を支えてくれた数少ない友人にだけ
心からお礼を言いたい

拓己が学校に行かれたのは君たちのおかげです


ありがとう!

|

« 卒業を祝う会 | トップページ | 3/13 本牧 »

タクミン」カテゴリの記事

コメント

半分は
あの長門さんの姿に
癒されたからかな。たぶん。

投稿: まょ♪ | 2010.03.13 00:41

そう。

中学校の時代は本当に精神的にいろんなことがあるよね。

なんでだろ?って大人が思うけど大人にはサッパリわからない世界なんだよね~。

自分と向き合う大事にな時期のひとつでもある。

次の答えを見つけに、また踏み出しましょう。


答えがあるのかどうかは不明なのだ。

投稿: ヒロリン | 2010.03.13 00:56

ご卒業おめでとうございますsign03

CHIKAさんもほんもくさんも、
これでひと安心ですねhappy01…と言いたかったのですが、
何かそんな事、軽々しく言えなくなっちゃいましたcrying

言い訳しない人って、いい様に誤解されちゃうんですよね。
こんな私ですが、激しく同意します(笑)。
自分を理解してくれる友達が、多ければ楽ですが、
残念ながらそうとは限らない。

投稿: asat@mama | 2010.03.13 01:12

↑↑↑スミマセン。続きです(笑)。

たとえ1人でも、理解してくれる友達が居たら、
ラッキーなのかも知れません。
大変だったけれど、この3年間は無駄じゃない。
逃げずに立ち向かったんだから、
タクミンは十分に強いと思います。

これからの3年間も、応援させて下さい。

投稿: asat@mama | 2010.03.13 01:18

>まょ♪さん

うんうん、
色々な意味で癒されたんじゃないですかね?

ん~

いや、
癒されたと言うよりは、
なんか、
人生に安心したと言うべきでしょうか?

投稿: Q | 2010.03.13 01:25

たくみん,卒業おめでとう!
僕もなんだか自分の昔を思い出しちゃいました.思い出したくなんかないことのほうが多い日々でしたね.


言葉足らずで他人と軋轢を生み,誤解され妬まれ蔑まれ…今でもそんな性格をしていますが,そんな自分のことを好きになれました.

すると,人に評価されるのを恐れなくなったし,自分を信じて道を貫くことも出来るようになったと思うし,苦しいことや痛いことを楽しいと思うことができるようになりました.先が見えない人生を面白いと思えるようになりました.


きっと高校から世界がどんどん広くなって行って,自分と近い価値観を持った仲間や,どんな時でも味方でいてくれるパートナーが見つかったり…そういう出会いを経て,自分をもっともっと好きになれると思います.

タクミン,本当に卒業おめでとう!!タクミンの未来は希望で満ち溢れていますよ!!!

投稿: ysuga | 2010.03.13 02:24

いじめられる子の条件はただひとつ。
その子がいじめっ子でないことです。
ジャングルを脱したタクミン、
本当におめでとう。

投稿: マジオ | 2010.03.13 09:17

楽しい時間側でお付き合いしている分には
そうでない時間のお話を聞く機会はあまりありませんが
今までの友達があまりいない学校を選びたいという
キーワードが引っかかっておりました。

いつの日か、社会に出る時は独りなので集団の中での生き方でなく
己に自信をもって強く生きてゆける青年になれると良いですね。

投稿: もーし | 2010.03.13 09:57

今年息子は小学校を卒業しますが、先日最後の『読み聞かせ』のボランティアに行ってきました。
「14歳の君へ」(池田晶子著)の中から『友愛』を読みました。友だちとの関係に敏感な年頃の子どもたちに読んで聞かせた話でしたが、読みながら私自身にも聞かせていた話でした。
決して14歳だけに留まる話ではありませんでした。
14歳にして大切な友人ができたタクミン、池田さんも書いていたけど本当の友情のありがたさと素晴らしさがわかるのはこれからだそうです。
経験した多くのことを遠い日々のこととして思い出した時に人生の醍醐味なんて言葉で表せることができるようになれたら素晴らしいことだと思います。
まだまだそうとは言い切れないことばかりを抱えた恥ずかしい私からですが…

投稿: その母 | 2010.03.13 17:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 卒業を祝う会 | トップページ | 3/13 本牧 »