« 節電 | トップページ | ガソリンと救援物資 »

外傷後ストレス障害/PTSD

PTSDとは、
何か脅威的なあるいは破局的な出来事を経験した後、
長く続く心身の病的反応で、
その出来事の再体験(そのことをありありと思い出す
フラッシュバックや苦痛を伴う悪夢)が特徴的です
通常はショックな出来事を体験しても時間の経過とともに
心身の反応は落ち着き記憶は薄れていきますが、
あまりにもショックが大きすぎる時や
個人のストレスに対する過敏性が強い時、
小児のように自我が未発達な段階では、
大きな障害を残すことがあります
(Yahoo!ヘルスケアより引用)

過呼吸、パニック症候群などの症状は
被災者だけでなく遠くの地にいても
心痛から起こりうるものらしい

*-*-*-*-*知り合いの日記から引用*-*-*-*-*

PTSDは、被災を受けた方々だけに
起きうるものではありません。
被災地にいなくても、
またご家族、友人が被災していなくても起こるものです。

twitterを見ていて
「気持ちが悪い」「眠れない」「吐き気がする」というポストも
少なからず出現してきました。
また、小さいお子様も同様で、
わけもわからずにただただ「怖い」と泣き出します。

もともとパニック障害をお持ちの方、
過呼吸症候群をお持ちの方は
発作が起きやすくなります。

この状況を最小限にするにはまず、
災害の情報を最小限にするか
できれば遮断してください。
繰り返し、険しい天災の映像のリフレインは
最もよくありません。

次に、気分転換に、好きな音楽を聞いたり、
コメディや楽しいDVDなどを観て
普段の自分の生活リズムの確保に努めてください。
お子様には、
ディズニーのものやジブリのものなどが適しています。

情報がどうしても必要な方は、
収集頻度を極力少なくしてください。

家族や友人と電話をしたり、メール、チャットなどで、
孤独でないことや一人でないことを再確認してください。

現在、出現している、
この天災によるPTSD(あるいはそれらしき症状)は
被災者でないかぎりは極めて軽いものです。
重度にさせないためにも、上記を留意してください。

また、被災地のために
何かをしてあげたい方も多いことでしょうが
現状は、募金、献血程度しかありません。
素人が今、行っても足手まといになってしまいます。
義援金詐欺も横行しているようですので、
確かなところにしてください。

*-*-*-*-*引用終了*-*-*-*-*

不安を抱えている方の一助になればと思います

|

« 節電 | トップページ | ガソリンと救援物資 »

備忘録」カテゴリの記事

怪我・病気」カテゴリの記事

豆知識・情報」カテゴリの記事

コメント

こういった後遺症が出てくるでしょうね。
子供だけじゃないでしょうし、ならないようにどうするか、今度のケアをどうするか??

国は動いてくれているようだけど、なかなか末端までは行き届いていないようだし・・・・
いつものことか ^_^;

投稿: | 2011.03.15 09:11

以前PTSDになったので、その時の経験から

とりあえず自分に溜まった感情を他の人に受け止めてもらえれば結構、楽になれます。
そして、+思考で入れれば症状は出てきません。

但し、常に+思考でいる事は不可
ちょっとした瞬間や、眠っているとき・・・
そんな時に症状は顔を出してきます。

正直言って時間で解決するしかないです。

ちなみに、今回の震災では幸いにもPTSDにはなっていません。

投稿: のり | 2011.03.15 16:50

かつさん、だよね?>
昼間明るく笑っている子が
夜中悲鳴と共に暴れると聞きました。
悲惨な状況を知らなくてはいけない反面、
すり込まれるように辛い思い出を見続けるのは
精神に大きなダメージだと思います。
弱者を守れる壁が欲しいですね。


のりさん>
貴重な経験談をありがとう。
壊れないために自分を守る術が必要だよね。
体調を崩さないように気を付けてください。

投稿: CHIKA | 2011.03.15 21:21

あ! ごめん、、、1個目、俺です ^_^;

投稿: かつ | 2011.03.16 02:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 節電 | トップページ | ガソリンと救援物資 »